読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想世界に気づく

昨日は 京都市内のお寺さんで 丸一日 非常に濃いセミナー&ワークに参加しました。

 

サラリーマン、OLさん、主婦、自営業の社長さん、学生…年代も職種も 違う人が  広いお寺の仏間で 好きな場所で 好きな座り方で 用意されたワークに 6時間程 トライ。

 

 

せっかくのお休みの日に そう言う場所に お金を払って参加する…

 

何か学びたい、もしくは 自分について 現状について  立ち止まろうとしている、あるいは本来の自分の 片鱗に触れようとしている 、救済を求めてるのかもしれない、気づきたいのかもしれない…何方も様々な想いを持っての参加だと思います。

 

軽いヨガからスタートし 瞑想の練習、それから問いかけ、うちなる自分の批判と向き合う…

様々なワークを通じて 自分を知っていきます。

 

クリパルヨガとマインドフルネスの先生が 素晴らしくて  家で一人でやっているのでは 到底たどり着けない 超デトックスなプログラムでした。柔らかな雰囲気の 先生達ばかりで 終始穏やかに ワークは進みました。

 

自己啓発セミナー、ノウハウセミナーとは まったく違い  そこには 方向性をコントロールする と言う意図は 全くありませんでした。みんながそれぞれの自分の物語に向き合う…静かな書店や 図書館のような空間でした。

 

 

私がヨガを始めて習ったのは もう何年も前のこと。どれもハタヨガで そんなにストイックな関わりではありません。それでも仕事の都合で やめたり 又 暇ができて再開したりを繰り返していました。

 

場所や先生が 変わりながらも なんだかんだで 続けているのは 何故なんだろう…と思います。今は クリパルヨガを週に2回学んでいます。今回もそのクリパルヨガの先生のおすすめで この会に参加したのです。

 

 

どんな人も その所属する世界で 似た様な目的地で集められた  団体に埋もれ   ひたすら利益や生産性、評価、団体での行動、を長いこと 続けていると いつのまにか 自分では 無い、…「違うもの」に 侵略されて 乗っ取られてしまうのではないか、と思います。自分の軸を他人と同調させ続けるのが上手い人、苦手な人、そんな事すら意識しない人…色々立場もあるでしょう。

 

その「違うもの」に すっなり 入れ替わり  そんな状態に も 気づかないまま それが元々の自分であるかの様に    服を着て 仕事に行き、家に帰ってきます。

 

どこかに 押しやられた元々の自分は せめて痛みや 病気になって 心の独り言になって

 

そうやって  体にシグナルを送るしかないのかもしれないですね。そう考えると そういうシグナルって なんだか愛おしいなと思います。

 

 

その展開は まるでオンラインゲームの中で   レベルがあがっていくのにも 似ています。

もらったアイテムを使って 着替えているうちに データが重くなり  やがては 今の パソコンの動作環境では 遊ぶことが 不可能になってしまう…

 

デフラグするか パソコンの買い替えか そのゲームのアイテムをシンプルにするか、といった見直しが 必要になります。

 

あるいはオールクリア。

私にとっては  何故このゲームをしているの?と 問いかける事が 瞑想であり ヨガなんだなと 思うのです。

 

瞑想によって 脳や体は 休みを取りながら そこでクリアリングされ さらにセンタリングもされる。ただ 寝ているだけとは 体も心も休まり方が 違うのだと、今頃 わかりました。

 

スピリチュアルな事に 全く興味がないときに スタートしたヨガと瞑想、アーユルヴェーダと言う哲学。

 

人生に様々な大きな出来事が起こり 体を壊し、心が何度も折れ迷子になり、その度 ヨガと瞑想にゆるく触れてきました。それは あくまでも逃避の為のものだった。

 

スピリチュアルな出会いが 多くなり その世界に傾倒しだし  砂時計の残りが もしかすると かなり少ない?と気づき 全ての環境を一度クリアにして 始めた琵琶湖での暮らし。循環を意識する暮らしを始めました。

 

そこで又 私はヨガの先生に出会い、呼吸と瞑想というツールを手にして 内側に向かって還ろうとしています。もう スピリチュアルな要素をわざわざ意識する事もなくなりました。そもそも 意識しようがしまいが  人はスピリチュアルな存在です。

 

 

週に2度のヨガクラスは 通って2ヶ月目で 私の血液中の 白血球と赤血球の数値を薬を使わずに 正常にしてくれました。貧血も胃痛も治まりました。それが 偶然なのか どうかは わからない。けれど私は徐々に年相応の健康な体を取り戻しているようです。クリパルヨガに出会うために そんな体である必要があったのかもしれません。

 

きっとマリオカート的な ものや 迷路を戦い謎解きながら進むゼルダの冒険的なゲームのアプリを全て削除したのだな…

 

 

 私を求めてくれるものに 触れ 、 求めているものに自分で 触れる。そうやって充電し たまにデフラグし 大量の不要データを綺麗にし 不必要なUSBは抜き 身軽に 必要なものだけを携えて 好きな場所へいく。

 

繊細なモノを感知できる様 網目は細かく細かく しつつ   丁寧に流れを尊重する、そんな暮らしは とても私に合っているように思います。今のところはね。

 

 

 

ファイルには沢山の喜びの記憶と それを際立たせる薄い影も しまわれているんだろうな。

 

 

私というハードディスク、もしくはこの小さなノートブックが 時代遅れになりながらも 出荷時の状態に戻される事なく なんとか 現役で動き続けてくれますように。

 

今朝も ゆるい瞑想に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繋がるパーツと対になっているパーツ

頭痛は 現代病の1つですが、案外、肝臓が原因で起こっている場合があります。ストレスや飲酒によって肝臓が疲労すると、肝臓と繋がる自立神経も緊張してしまう。

 

まず肝臓から自立神経へ、次に上部頚椎から上部頚椎神経、そして頭へと ストレスは溜まり、上へ上へと のぼり、どこもストレスで満タンに…最後に 痛みと言うサインがでます。

     

他にも 肝臓が原因で眼精疲労、右肩や背中のこり、右腰の痛み、腕のしびれ、が起こると言われています。(何故右なんだろう…興味深いです)

  

この場合の頭の症状を治すには、とにかく肝臓を癒す必要があるのです。・・・沈黙の臓器と言われる肝臓。臓器の中で 一番堪えて頑張っているのかもしれないですね。

      

 

 

肝臓の疲れや頭痛を マインドの部分にフォーカスして掘り下げると

「内なる葛藤や苦悩」「決断できない思い」

「欲求不満・怒り」「怖れ(罪悪感)」が潜んで居ると言われています。

     

 臓器と心の深い関係…チャクラも そうですね。生きる為の 判断は 思考に偏りがちですが 身体が全て処理をして、疲弊してるのは 事実です。    

 

 

 

 

一方で「腎臓」というのは パートナーシップと深く関わっています。(肺、睾丸、卵巣、腎臓 副腎だけは 一対の器官)。

腎臓の問題が出てくるのはパートナーとのズレが生じたときと言われています。

断片的にに相手(自分)を見て 判断しすぎて仕舞うために 全体的に大きく事を見ることができなくなりがち…

 

    

ユング曰く

“魂の世界に入っていくには心の中の異性の要素の経由が必要”

       

心にある異性の要素とは

男性にとっては内なる女性だし

女性にとっては内なる男性と呼ばれるもの。

   

それらは 夢の中で象徴的に現れることもあれば、惹かれる異性に投影されることもあります。

     

人が 自分自身を知るには鏡が必要で 相手との関わりを通して 自分が理解できます。    

 

人は 現実の女性への愛情を通して内なる女性を愛する事を学び、現実の男性への愛情を通じて内なる男性を愛する事を学んでいます。

         

ただ パートナーシップというのは実に不思議で

「惹きつけられる」と同時に「不安」を感じたり「好意を抱く」と同時に「反発」を感じたりする。

独り占めしたいけど同時に離れたい。相手を認めて 凄いなぁと 思っているのに、どこかで 相手に負けたくないと思う。

 

相手との摩擦を通して 常に我々は自分の影と向き合っています。性格の正反対な者どうしが引き寄せあうのもそのためかもしれない。

 

互いに 自分の影を相手に 見つけてしまう…

 

そこから逃げて いくら 相手を変えてみても 目先の新しい刺激で 誤魔化しても 結局 向き合うものは同じです。

 

            

     

自分の心の影の部分が 相手に投影されているのだとわかれば 相手との問題を 新しい視点から眺めることができます。

      

別な言い方をすると 

相手に投影されてたものを再び受け入れていくことに なります。

       

このように分離した相反する属性(二元性)が一つに戻ることを 「聖なる結婚」と言ったりします。

 

今生で それを成し遂げられる人はいるんだろうか?難しいところです。

 

 

ふむふむ なるほどと思って 自己分析をしている所です。

川越 、不思議なご縁

東京 滞在2日目 は大雨でした。

少し肌寒くもありました。

 

浦和でセッションして その後

川越でセッション。

 

川越は 数年前にも 訪れている懐かしい街です。

お仕事も 終わり  浄化の雨、恵の雨が降る中で

好きな人と待ち合わせしました。

 

f:id:masamin0104:20170514190029j:image

 

f:id:masamin0104:20170514190019j:image

 

素敵な 鰻屋さんへ 連れて行ってもらいました。街並みに調和した 歴史ある建物がまず素敵。そして 運ばれて来た ふわふわ、パリパリの美味しい鰻を頂きました。至福〜。

 

f:id:masamin0104:20170514190054j:image

お酒は 神亀を。

前日 お亡くなりになった 神亀の専務さんを

偲んで…

 

f:id:masamin0104:20170514190104j:image 

 

それから 素敵なワインスタンドへ。

お話好きな 感じの良いマダムの切り盛りするお店。

 

普通、男女で来てたら もう少し 遠慮しそうなものなのに …ガンガン 話に 加わってきます…

まあ びっくり(笑)楽しかったけどね。

 

そして 特筆すべきは このナッツ割の金具!

f:id:masamin0104:20170514190118j:image

f:id:masamin0104:20170514190244j:image

マカダミアナッツを金具で 割ります。

 

左手…私の組んだお守りのブレスレット、ちゃんとしてくれる。嬉しいな。

どうか 大切な人をしっかり

護ってくれますように。

 

 

f:id:masamin0104:20170514190529j:image

 割るの上手な人が 割ると 綺麗に割れますね…

割ってもらって  いっぱい 食べました。

 

そして、今日 この金具、見つけて買ってしまった。これから毎日 リスみたいに ナッツ食べよう…

 

美味しいワインと 

美味しいナッツを愉しんだ 素敵な時間でした。

感謝♡

 

途中 私のクライアントさんからラインが入り

川越駅の喫茶店で 待ってるとのこと。

 

実は 数時間前に 彼女と会って セッションしていたのですが 貸してあげた 羽織りものを 彼女が そのまま 持って帰ってしまったのです。

それを 返しに来てくれました。

 

私は そのクライアントさんと

彼を ちらっとでも

何故か 会わせたくて…

 

会話がなくても 挨拶だけでもいい!

と  思い…

彼を強引に カフェに 引っ張り込み

クライアントさんに 紹介したのです。

 

ほんの1〜2分の 挨拶だけの 時間でしたけど それでも 気が済んで ほっとしました。

 

それが 何故かわからない。

でも そのうち 答えが出るのでしょう…

 

大切なのはそういった ひらめきを

無視しないことなんです。

 

 

 

 

その後は 彼と別れ

クライアントさんの大きなベンツで 新宿まで 送ってもらいました。

 

 

 f:id:masamin0104:20170514193132j:image

 

f:id:masamin0104:20170514193316j:image

 

そして 今日は 良いお天気。

 

代々木のレンタルスペースにて お昼から 呼吸のセミナーでした。一部、二部とも 満席で 深い呼吸の指導と誘導瞑想をさせてもらいました。

 

みなさん 思い思いの場所に陣取り 私のカウントに合わせて  深い呼吸をくりかえします。どんどん 自分の中に 潜っていく 感じ。終わる頃には とても スッキリされてました。

 

 

 

 

参加者のお1人に とても親しい 某雑誌のライターさんがいました。私のセミナーの常連さんです。

 

その彼女に 川越にいた事、

鰻が 美味しかった事を伝えました。

 

すると

 

「川越なら 小川菊に いかなきゃ!

あそこで よく神亀の方達と 打ち合わせしたわ〜♡」と 言うのです。

 

まさに その店に行っていた私は もう可笑しくて 可笑しくて  食事の写真を彼女に見せたんです…「ほら!みてみて!」って。

 

彼女は 突然 涙ぐんで「ここ、二階よね、…ここの席で 少し前に  亡くなった専務と よく鰻を食べたの」と 教えてくれました…

 

小川菊のご主人は 神亀さんとも とても親しいそうです。

 

えええ!です。

 

「私達、神亀のお酒も 2種類 飲んだんですよ」

と、伝えると

「専務の代わりに そこに 行ってくれたんだね…」と また ハラハラ涙。

 

私たちには そのつもりは 無かったけれど 

その亡くなった方の話や  そのライターさんの話は 食事の最中 ずっとしていました。

 

なんだか 不思議だなあ…

でも そんな事もあるのですよね。

 

だって 以前、串駒でそのライターさんと 飲んだ時も 彼を呼ぼうと 思っていたし

彼との間には  元々 シンクロが多いのです。

 

いつか そのライターさんと 彼を

会わせなくては…なんて思います。

そして その時が くれば それは 叶うはず。

 

 

2人とも 私の大好きな人です。

私が琵琶湖に越してから その2人のお仕事にも色々と 変化がありました。

 

そんな ご縁が 繋がるのが

今は とても嬉しいです。

 

 

 

 

 帰りの新幹線の中でこれを書いています。

もう直ぐ名古屋です。

 

車中でも ラインで 奈良セミナーや 次の大阪セミナーの打ち合わせの日程のやり取りしています。

 

お仕事あるのが とても嬉しい、有難いです。

 

こうして 運ばれていけばいい…

なるように なるのだ.と思います。

 

見えない未来を 今、案じても仕方ない。

とにかく 目の前に起こる事を

目一杯 楽しんでいこう。

 

そして

できる事は  楽しみながら

惜しみなく やろうと思っています。

 

 

 

 

 

湖の恵み

近所に 素敵なお店があります。

 

f:id:masamin0104:20170304034147j:image

魚の加工のための小屋を

おしゃれに改装しています。

 

オーナーの奥様のお父さんが漁師さん。

私がお店を訪れた時に いらっしゃいました。

 渋いおじいちゃま。素敵だったな。

 最近は 鮒の子を絡めたお刺身が乗ってるサラダが お気に入りです。

 

もう1つ 橋を渡った 対岸には

かなり へんてこりんなお店があって

キムチの専門店なのだけれど…

 

貨物コンテナ?がお店になってる。

でもそこのキムチは かなりやばい。

とくにケジャンが激ウマ…

琵琶湖のエビや小魚を付けたキムチも美味しい。韓国人の奥さんが あーだこーだ説明してくれて 味見しながら 買うのも楽しい。

 

そんなのを 買って

パラソルとチェアと本と飲み物をもって

マンションの下のビーチで 寝る。

 

 

暑くなるまでは そんな事を

楽しんでいます。 

 

f:id:masamin0104:20170512122219j:image

激ウマ ケジャン。

悲しみよこんにちは 悲しみよさようなら


悲しみよこんにちは (1957) ジュリエット・グレコ

かなり好きな映画。たしかビデオテープで持ってる。。。

でも、どうやって観たらいいのか・・・

たまに訪れる モヤモヤ。

正直 もうモヤモヤと向き合いたくない。

で、その対処法として

一般的なメソッドを試した。

 

 

モヤモヤの状況を紙に書き

何故モヤッとしたかを 分析する。

という方法。

 

まず モヤモヤを形にする。

ペンでノートに書いてみる。

ある事が 今朝起こったのだけれど

それで モヤッと来たわけだ。

 

心は振り子と同じで

楽しいことが100レベルで起これば

反対にも100降れる。

 

昨日までが 飲んで食べて 満足して

楽しすぎたから

バランス取りが始まったのかもしれない。

 

 

モヤッとの中身をイヤイヤ覗く。

寂しく感じた。

孤独を感じた。

置いていかれると感じた。

一人になってしまうと思った。

 

 

 

では何故 そう感じたのか?
起こった現象は それとは全く違う事なのに

何故そう感じたんだろう・・・


原因を突き止める旅に出る。

 

似たような感情が あったはず・・・

どこからくるか?

思い当たるのは

 

まず小学校の時の闇歴史(笑)

一週間の置き去り事件

(父親、心身症にて 私を忘れたようだった)

 

それから 

高校の時の仲間はずれ。

(短期間だったけどきつかったなぁ)


もっと幼い頃の記憶も出てくる。

うちは両親が忙しい人達でよく留守番をしていた。

タクシーを読んで揃って外出する両親。

叔母とそれを見送る自分。

 

叔母は素敵な人だったけど厳しい人でもあって 

一緒のお風呂で頭を洗ってくれたりするのも痛くて怖かった。

 

そして私が眠ってから 決まって 誰かと長電話して

うちの両親の悪口を喋っていた。

 

 

あーー、そんな事あった・・・

泣けるなぁ。小さい頃の自分、健気だな・・・

 

 

と 小さな自分に寄り添って いいこいいこ した。

私がいるよ、もう力も知恵も在る。

君を守るよ、と話しかけた。君は大丈夫。

そばにいるよ。と何度も何度も。

 

 

 

すーっと気持ちが晴れて モヤモヤがゆっくり消える。

次に そうではない状況をイメージする。

その時 こうしたかった自分を設定するってこと。

 

いかないでーって わがまま言って困らせてもいいし

意地悪なクラスメイトではなく

優しいクラスメイトを配置して物語を創っても良い。

そうやって自分に都合よく世界を変えていく。

笑ってる自分をイメージして・・・

 

思考やそこから来る反応 の癖を変える。

それには 訓練しか無くて

人はこれを内観と呼ぶのでしょうか?(笑)

 

私もセミナーでおすすめしているけれど

とても大切な事。

これをやりながら

恐れを手放して

起こる事に 身を委ねていけるように成る。

 

 

きっとこれ 誰もが何十回も繰り返すんだろうな。

 

自分を丁寧に扱う。。。

雑ではいけない。

 

つくづくそう思う。

 

 

 

 

 

Make Someone's day

おやすみ♡やった!

明後日 セッションやけど・・・。

とりあえず明日はおやすみ。

 

 

 

f:id:masamin0104:20170504204504j:image

 

 

抹茶とバナナチョコプリン。

2個食べた!

 

f:id:masamin0104:20170504204657j:image

f:id:masamin0104:20170504204743j:image

 テトと晩酌♡美味しすぎる!

而今 、九平次 最高ですね♡

 

たった2日の休みで

こんなにうれぴ

 

マンモスうれぴは

・・・いかん(笑)

 

7日は ちえこさんと京都デート。

みのりこさんで Special*Dinner!

 

翌日もSpecial*Lunch

 

 

そして・・・友達から教えてもらったこのYouTubeで

笑い転げる・・・

 


クロニクル 英会話まとめ

 

これ最高!

 

 

手作り化粧品もレシピ通り 仕込んだし

明日食べるタンドリーチキンも仕込んだし

お酒は いっぱいあるし

 

こんなに満ち足りた連休を過ごせるなんて・・・

去年の今頃は想像もしてなかったな。

 

去年の今頃は

暮らせるかどうか・・・不安しかなかった。

 

そんな一年 自力と他力で

乗り越えた自分に 

ひたすら感謝在るのみ。

 

 そしてこれを 又観る!
今更ながらに 斎藤一人さん♡


脳が変わる 振動数の法則 斎藤一人さんのお話 【酉年の開運篇】
性格悪くても振動数が高いと良いんだね。

ようするに波動をあげちゃお♪って話。

春樹さんは とても静かでくクレバーで
哲学的な人なのに 波動が高い。

この話はとても好き。