読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Answer

f:id:masamin0104:20160122113426j:image


f:id:masamin0104:20160122113513j:image


f:id:masamin0104:20160122113535j:image


f:id:masamin0104:20160122113607j:image


f:id:masamin0104:20160122113725j:image


f:id:masamin0104:20160122113753j:image


f:id:masamin0104:20160122113634j:image


f:id:masamin0104:20160122113844j:image


f:id:masamin0104:20160122113904j:image

楽しかったな 札幌。
また いつかね。







f:id:masamin0104:20160122113927j:image


f:id:masamin0104:20160122114145j:image


f:id:masamin0104:20160122113951j:image


f:id:masamin0104:20160122114001j:image

f:id:masamin0104:20160122114018j:image


f:id:masamin0104:20160122114049j:image


f:id:masamin0104:20160122114113j:image

昨日の渋谷 も楽しかった。

札幌から戻って 都内でも楽しく過ごせて
ちょっと揺れてた 振り子も ニュートラルに戻れたみたい。


こんな風に お酒を飲めて とても嬉しい。





自分の密度  薄く軽くなったな、って思う。
手放してからは とても楽。

んー、私、何を 手放したのだろう。

自分の中の鎖、錘、枠組み?


こうであったら良いな。
こうでなくてはマズイでしょ。
普通はこうだよね。

…そんな思い込み。

環境も経験も 人生の目的も生き方も 年齢も違う人達からの 「一般論」と言うアドバイス。

良い子でいたい 、気に入られたい、凄いと思われたい…

「今」が ここに あるのに 
未来と過去の 収支の数値に一喜一憂していたのかもしれない。

不安を もっと不安定に
恐れを もっと恐ろしく

必要以上に臆病になろうとしていたのは 
未だしていない失敗と 
それで傷つくであろう自分が
カッコ悪いと思っていたから。


もしかすると
イソップ童話を読みすぎたのかもしれない。

これからも 
ゆっくりと手放していこう。



f:id:masamin0104:20160122120759j:image

でも、そんな自分にも 
ありがとうを言わなきゃ。