読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月の味わい

お酒 暮らし 大切なもの お料理 Daily
五月雨の日。
身体の真ん中辺り身体のヘンテコな動悸。
腹筋しすぎたかしら?


味わったと言えば まずは新緑。

f:id:masamin0104:20160509194203j:image
 
f:id:masamin0104:20160509194213j:image

f:id:masamin0104:20160509194256j:image

f:id:masamin0104:20160509194304j:image

f:id:masamin0104:20160509194311j:image

f:id:masamin0104:20160509194320j:image

f:id:masamin0104:20160509194328j:image

綺麗な緑は もう少し楽しめそうですね。





滋賀のお酒も2種類 味わってみました。
ほんとは もっと飲んだけど 特に印象に残ったのがこの2種でした。


f:id:masamin0104:20160509195315j:image
滋賀渡船六號醸造  純米吟醸 
「権座」 喜多酒造
(しがわたりぶね  と読みます)

「権座」と言うのは琵琶湖の中でも特異な場所で ラムサール条約湿地にも登録された「西の湖」…日本最大の湖「琵琶湖」の東岸に位置する「内湖」の事です。水鳥もたくさんいるそうですょ。

その西の湖にぽっかり浮かぶ島状の飛び地が「権座(ごんざ)」。約1.5haの水田で 今でも「田舟」で農業機械や米を運びながらの農業が営まれているそうです。それで  わたり船と言うわけですね。

かつては、内湖や琵琶湖沿岸には飛び地やクリークが散在し、田舟で田んぼに通う光景はごく当たり前のものでしたが、今ではこの「権座」を残すのみとの事です。

希少性と、情緒豊かで美しくなつかしい風景が認められ、「国の重要文化的景観」や「にほんの里100選」にも選ばれた、…とな。素敵。
(酒屋で貰ったパンフレットの受け売り)

滋賀県民になった事だし 琵琶湖のほとりに住む者として 飲んでおかねば!と選びました。

お味の方は…
しっかりどっしり 田舎風の強さのある辛口ですが 全体に感じるのは上品さ。 爽やかさもあって 飽きのこない味わいでした。日本酒だけど でも 米と水、つまりはテロワールのチカラが大きい!って言っていいと思う。なんか良いな 幸せな気持ちになる〜♡

勿体無いので 残して来月また飲む事に…




2本目はこちら。

f:id:masamin0104:20160509194924j:image
純米七本槍 無有(むう)。
無濾過生原酒。冨田酒造。
全量農薬不使用。

実は うるさい酒飲みの間では噂のお酒です。

f:id:masamin0104:20160509201002j:image
玉栄(滋賀県環境こだわり農産物認定)と言うお米はお初です。酒米を無農薬で育てるの大変でしょうね…酒米生産者のお名前も入っています。

まずは常温。(焼締の酒器にしました)
あー、これは やばいわー。やばい予感。

トロけるような味わい。
お米のほろ甘さ、麹の良いお味と遠くから酸がじゅわっとくる!旨味だらけ。とーけーるー。
うわわわ、です。

七本槍は燗の評判も良いので
慎重に ぬる燗にしてみました。

これまた 凄い。
ゆーっくり含み 舌に保持すると 甘味と酸がバランスよく こんにちは。
旨味のシャボン玉が弾けて 口の中でスーパーボールみたいに自在に跳ね回ります。常温とは  かなり違うなぁ。しかも ざらっとくる 感じが たまんねーなー♡です。
みんなが七本槍は燗だよ、って言う理由はこれかぁ〜…
テクスチャが好みってのも日本酒では珍しいかも、メモメモです。

雑味の多いお酒が好きな人は たまんないだろうな。下手にキレイ目に作らなくて 正解なお酒かなと…すいません、偉そうで(笑)

f:id:masamin0104:20160509194510j:image
 

そんな近江のお酒には信長由来の赤いこんにゃくをお出汁で茹でて 田楽にしました。
…さすが信長、派手好きですね。