夏草茂る夢の跡へ 、 夏至の日に安土城を訪ねました

所用で近江八幡へ。

 期待せずに訪れてみたけれど

150パーセントの満足度。

 

f:id:masamin0104:20160621181504j:image

まずは八幡様へご挨拶。

どなたかのお祓いがあった様で 私もついでに有難い太鼓と祝詞を聞けました。

 

清まった〜。

 

f:id:masamin0104:20160621181717j:image

 

f:id:masamin0104:20160621181732j:image

八幡様の境内の横には「たねや」さん。

お向かいのクラブハリエより こっちが良さげ。

 

 

f:id:masamin0104:20160621182502j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182553j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182521j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182826j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182609j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182627j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182638j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182650j:image

 

水郷の町らしい 可愛い水路。お堀めぐりの舟も素敵。 風情のある路地で懐かしい看板やら古めかしい食堂を眺めて町屋カフェでお茶。

 

 

古いけれど手入れの行き届いたお家や窓辺の盆栽、日陰に寄せられた百合の花の鉢植え、お抹茶色を使った暖簾、人気のない路地の逃げ水…こんな佇まい が たまらなく好き。

 

 

 f:id:masamin0104:20160621182915j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182927j:image

 

f:id:masamin0104:20160621182938j:image

 

ノスタルジックな学校。有名らしいです。フォトジェニックな建物やね。

 

 

 

 

 

 

せっかくなので安土城跡までドライブ。

f:id:masamin0104:20160621183110j:image

在りし日のお姿。さすが信長、派手。

 

 

f:id:masamin0104:20160621183140j:image

 

f:id:masamin0104:20160621183150j:image

 

f:id:masamin0104:20160621183159j:image

 

f:id:masamin0104:20160621183208j:image

 

カメラ持って行ってなくて すべてiPhone6にて撮影。

 

 

正直、復元されたお城より こういった城址の方が しみじみとした気持ちになる。信長はここで近江の町や 琵琶湖の内湖である西湖を眺めていたんだね。何もないのに ずっと居たくなる不思議な所。

 

(信長もまさか子孫が日本を代表するスケート選手になるとは 思っても居なかったでしょうね…)

 

 

 

帰り道、「地酒のさかえや」 さんにて 

「作 智乃香、純米大吟醸」「笑四季 マニアックラブ」「黒龍 夏しぼり」「東一 大吟醸」を買ってしまい すっかり散財…万札飛ぶ飛ぶ…

滋賀のお酒を1本しか買わなくて申し訳ない気持ち…)

f:id:masamin0104:20160621184453j:image

作、開栓、ほんと美味しい♡

 

 

次に行く時は 絶対 三大和牛である近江牛のステーキを食べるぞ!と心に誓い 近江八幡から車で15分の我が家に戻りました。

 

 

 

 

時代は さらに遡り 柿本人麻呂の歌を。

 

そういえば都が滋賀にあった事もあるんだなぁ。天智天皇近江神宮もあるしね…

 

 

淡海の海沈く白玉知らずして  恋ひつるよりは今ぞまされる      柿本人麻呂

 

なんだかエロくもあり…

 

湿度の高い夏至の夜に 琵琶湖の底に眠るひんやりした白玉の様な肌に触れたら気持ち良いだろうな…なんて想いながら ゆるりと夏のお酒を頂きました。