読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆餅を買いに。

昨日の京都、午後から 雨も上がり 蒸し暑くなりました。日差しも強くなり アスファルトからは 湯気…

 

甘いもの好きの友達と「甘いもの いっぱい食べようよ」と言うわけのわからん約束があり 15時に出町柳で待ち合わせ…暑くて憂うつ…後悔するも遅し。

 

 

車を出町柳の 歴史のありそうな銭湯みたいなパーキングに 恐る恐る入れ 待ち合わせの場所へ。

 

とりあえず、一番の目的は「出町ふたば」の豆大福。こちらでは 豆餅って呼ぶのね。

f:id:masamin0104:20160624103810j:image

いろんな人から 「凄い行列だよ」って言われて覚悟して行ったけど ぱらっと10人程、5分待ったかどうか …迷う暇もなかったです。

 

これは ラッキーなのか?  それとも 普段からこうなのか?

 

「まさか この程度で行列とは呼ばないでしょ」と 都内のパンケーキ屋さんや ポップコーン屋さんの2時間待ち などの恐ろしい行列を経験してる私は 思います…

 

祝祭日とかは もっと凄いのかもしれない…1時間以上待つのかもしれない…

 とにかくお目当ゲットでるんるん。

 

 

その後 可愛い商店街をお散歩。

七夕飾りが良い感じです。

 

f:id:masamin0104:20160624104242j:image

f:id:masamin0104:20160624104250j:image

めっちゃ美味しい事で有名な「出町ろろろ」さん。今度絶対来よう。

 

 

 

 

せっかくだから そこから徒歩10分程の下鴨神社と 河合神社へお詣り。

 

f:id:masamin0104:20160624104043j:image

河合神社の美人水!350円。

これで明日にはテヨンになっているはず…

 

f:id:masamin0104:20160624104113j:image

下鴨神社のさる餅 、猿にはなりません…

 

さくっとお詣りして 木屋町へ。

f:id:masamin0104:20160624104346j:image

ぽこぽこ言う音がした…と思ったら 芸妓さんと舞妓さんと お茶屋のおかみさんが 路地から出てきて 待っていたタクシーに脱兎のごとく乗りこんで 去って行かれました。

 

辺りには おしろいの 残り香。

舞妓さん見かけると いつも幸せな気持ちになるなぁ。この方達、世界遺産にしてほしい。

 

f:id:masamin0104:20160624143356j:image

 甘いものに飽きて なぜか鮎(笑)

あとは 京野菜を色々炊いたんとか お漬物。

車だからビールも無し(涙)

f:id:masamin0104:20160624110538j:image

鮎の頭を 川の真ん中にいる 鷺に投げてやりたかった…しかし私の力では 川までは 飛ばず…下でいちゃつくアベックの頭に当たるのがオチ…

 

それにしても鴨川で涼むの 楽しいな。冷房苦手だから 体も楽だし 川の音も良い感じ。しばらく居ると寒くなってきます(笑)

 

川床は 日が沈むか沈まないか、位が好き。京都感が半端ない。お客連れてくるなら やっぱり木屋町あたりですね。高瀬川沿いでも良いかも。甘いもん女子2人も 満足。

 

…さらに「祇園とくや」さんへ。まだまだ甘いもんは続く…

f:id:masamin0104:20160624174437j:image

 

f:id:masamin0104:20160624174444j:image

 美味しかったーー。

 

 

 

そして帰宅。

ほうじ茶に豆餅。

f:id:masamin0104:20160624143850j:image

美味しい!この味、すっごい好き♡実はお店で買って 車で移動しながら 各1個づつ食べてた(笑)それの方が 柔らかで美味しかったです。(あたりまえ…)でも これも美味しい。

 

柔らかな甘さと たまに来るお豆の塩味が 絶妙。それに やっと形を保ってる程の柔らかさ。これは その日のうちに 食べないとですね。

 

…また買いに行こうっと。

 

 

 

やっぱり 億劫だったけど行ってよかったな。

 

車で30分程の旅。1人5000円も使ってないけど とても贅沢した気分。