読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Moon River

music 独り言

懐かしい知り合いから連絡が来た。

何処かで 私の本の事を知りダウンロードしてくれたらしい。

 

その人の 本の感想は  私の拙い文章で埋め尽くされた琵琶湖の物語より   数百倍 立派で 優しくポエトリーで哲学的だった。まあ、よくそんな言葉が あの本の感想として 思いつくね、と感心した。

 

友達、でも無いけれど たまにバッタリ会ったり

何かで ふいに繋がったりする、そんな人だ。

聞くと 邦画に特化した雑誌で 映画の書評なども書いているらしい。

私の本にも書評書いてもいいの?と尋ねられたので 丁寧にお断りした笑

 

著者より素敵な言葉で 書評書いてはいけません。そんな事より 本出したら?私直ぐ買うよ。

出したくて出しただけの本なのです。そっとしておいて下さいよ、と言ったら 阿保か、君は、と言われた。

 

そんな話やApple Musicのインターフェイスがカッコ悪くなったよね、とか お互いの飼い猫の育ち具合とか 春樹さんの翻訳本で気になった言葉とか  諸葛孔明についてとか…

だらだらと でも心地よいリズムで言葉のラリーは続いた。

 

最後はカポーティの話をした。冷血を観たか?と聞かれ、観たよと答えた、随分前にDVDで。

するとあれを観てカポーティが 益々好きになったと言う。信じられない、私、逆。そう答えた所で どうもあちらに 何かあったらしく 一方的に電話が切れた。やれやれです。ゲームセット。

 

 

 

その後 Apple MusicでMoonRiverを聞いた。一体 どんな意味の歌なのかな?と思いつつ 買い物に出かけ、そのまま すっかり忘れていた。

 

今朝 唐突に歌詞の意味が 解った。その人が 訳詞をインスタに載せていたのだ。流石に驚いた。そして かなりヘンテコな訳詞だった。・・・奴は もしかすると かなり暇なのだな、と笑ってしまった。

 

 


ムーンリバー 「ティファニーで朝食を」 / オードリー・ヘップバーン