読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみ John 良い夢を

ご飯の炊ける匂い

がちゃがちゃ言う台所の気配

ほっぺについた ご飯粒

 

 

何があっても 無くてもね

 

ご飯のお膳を思い出すと

少しだけ 元気になれる。

 

お米の国に生まれたからだね。

お米が大好き。

 

 

 

あんなに 大勢居た家族が

大人になって 1人 また1人と 

居なくなって

 

でも 食卓の思い出は 消えない

 

ご飯があれば 1人でも 大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜は 天吹をのんでいます。

 

大根を煮たのを つまみにね

1人でのんびり。

 

 

 

どうしてる?

私は なんとか元気。

まあ、気にしてなんか くれてないのは

知ってる。

 

つらいこと

たのしいこと

そっちの まわりは

退屈なんてないだろうし

 

それなりに 楽しまないと

やってられないさ

 

そんな事もわかってる

 

私は

決めた事を がんばるし

美味しいごはん を食べようと

そう思ってる。

 

 

色々な気持ちを 浮かべながら

 

そっと乾杯する夜

 

 

そして

おやすみ John。

 

f:id:masamin0104:20160929211203j:image