読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家にいるときは

独り言 spiritual special

最近 あちこちでセミナーしています。

最初は一回開催したら あとは無いな・・・と

思ってた。

 

そしたら毎月開催(笑)

そのうち月2回・・・

グループセッションとか

家での個人セッション入れたら

月6回位 人に向けて なんか喋ってる。

 

仕事とお金が無かった不安な春先。

懐かしさすら覚える・・・

 

 

 

 

f:id:masamin0104:20161026150122j:plain

今の私らに合ってるのは 20人程度のセミナー。

やっぱり意思の疎通がないと 一方通行に為る気がして・・・

それに まだまだパワー不足。

今回は男子も多かった。有難うございます。

 

 

 

 

今のセミナー・パートナーは

見た目はモデル!

背が165センチくらい在って

激細くて腕も足も長くて

顔が私の半分くらいしか無い

若い美人スピリチュアル女子。

 

中身が 元ヤン、超サバサバ系な男子ってのが

笑えるけど(キレルとめっちゃ怖い)

 

・・・これって なんかの罰ゲームですか?(笑)

そんな状態です。

 

 

f:id:masamin0104:20161026151731j:plain

仕事の忙しさ加減も 美しさの比較加減も

どれも これも 「なんでや・・・?」(爆笑)

でも、めっちゃ楽しい♡

その美人スピガールとも既に親友状態。

これって有り難いなぁ。自慢の友達だ。

 

 

 

そこに もう一人

キレイな医局の教授の秘書が絡んできた。

中身の男具合と さっぱり加減とかが心地よく

一緒にいて飽きない。

 

 

これまた医局秘書だけあって

事務とか パソコンとか 企画書とか

セミナー会場予約とか 人集めとか

その手の能力半端ない。

おまけに遠隔ヒーリングまで得意!

今教えてもらってる所。

これが めっちゃ効果高く びっくりする。

 

 

 

 

 

昨日 滋賀に戻って

若干 「気」が落ちて

(疲れもあって なんだけど・・・)

 

自分、このトリオで 

なんか役に立ってるのか?

使えてる奴なのか?

・・・ふと疑問がわいた。

 

そんな時って あるでしょ。

何をここで したらいいのか わからない。

自分、ここに いる意味ってなんやろ?って思った。

 

 

 「何か役に立てるのかな?」じゃなくて

「役に立つぞ!」とか

「やれるよ!私でしょ」

・・・と

巻き舌でどやされて 怖かった・ 

 

・・・はい ごもっともです。

 

 

美人スピの彼女に叱られた上に

謙遜しすぎやと 

仲良しの美人ピアニストの友達に叱られ

「あー もう怒られてばっかやん。。。」 

美人は怒ると(キレると)まじ 怖い・・・

 

でも

私でも誰かの支えになったり出来るんだな。

それ ほんと嬉しかった。

 

いつも会うと

ハグし合う、女友だちでも嬉しい♡

秋はハグだね〜♡

 

心もそうだけど身体も温かく満たされたい。

寒くなってきたからかねぇ。

 

 

 

 

 

ふれあいの気持ちを拒まれると 

やっぱり自己価値みたいなものが

瞬間的に激下がりする。

振り絞った勇気の行き場が無くなって

寂しいよね。

 

そういうのって

誰でも良いわけじゃないしね。

 

 

 

 

f:id:masamin0104:20161026151341j:plain

ハグと言えば

飯田で ふと立ち寄った教会、・・・

 

幼稚園付きの教会であり

敷地内には修道院も有り

素朴な感じの佇まいでした。

 

 

 

 

お守りのメダイが欲しくて

「売ってくれないのかな〜」なんて感じでした。

 

そして そこで 本当に凄い出会いがあって

鳥肌、涙、腰砕けになった。

 

f:id:masamin0104:20161026151246j:plain

暖かな笑顔 癒やされます

 

 

どういうわけか

メキシコから来たシスター(そこで一番えらい人)

に 取り次いで頂けました。 

 

ライター名刺を出したら

「え?ライターさん?

私の知り合いでもライターやってる(らしい)人いるんだけど

知ってる?」

 

って そのシスターが言い出した・・・

そして その方のお名前聞いてビックリ!

 

私の 仲良しで

大好きな大好きなライターさんだった。

しかも こないだ飲んだばかり。

 

そのライター女史が 高校生の時

田舎の栃木から 東京に出てきて

預けられたのが 

そのシスターのいるカトリックの寮のついた高校。

なんと!今から36年前の話。

 

 

慌ててそのライターさんに LINEして

全員号泣の運びになりました。

 

 

 

 

 

「不思議なご縁に導かれて

今日、ここをたずねてくれてた まさみに

そして ちえこに これからもイエス様の導きがありますように。

マリア様の灯火が道を照らしますように」

 

シスターが祭壇でお祈りしてくれました。

私も膝まづいて 祈りました。

クリスチャンでもないのに 幸せいっぱい。

これでもかと 沢山泣けた。

浄化の涙なのかな。

 

 

 

欲しかったメダイもプレゼントして頂きました。

そして ハグと握手。

暖かかったな。

 

 

f:id:masamin0104:20161026151531j:plain

メキシコのマリア様

 

 

 

 

そんな素敵な思い出を沢山抱えて

琵琶湖に戻ってきて3日ぶりで猫達に再会。

みんな私の周りから離れない。

 

それも愛おしい。

 

家にいる時は 猫と くっついてる。

なんたってリアルファーですから。

猫をハグするんで 満足。

 

早くお料理作りに シェフがこないかなぁ。

お腹減った・・・