読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川越 、不思議なご縁

東京 滞在2日目 は大雨でした。

少し肌寒くもありました。

 

浦和でセッションして その後

川越でセッション。

 

川越は 数年前にも 訪れている懐かしい街です。

お仕事も 終わり  浄化の雨、恵の雨が降る中で

好きな人と待ち合わせしました。

 

f:id:masamin0104:20170514190029j:image

 

f:id:masamin0104:20170514190019j:image

 

素敵な 鰻屋さんへ 連れて行ってもらいました。街並みに調和した 歴史ある建物がまず素敵。そして 運ばれて来た ふわふわ、パリパリの美味しい鰻を頂きました。至福〜。

 

f:id:masamin0104:20170514190054j:image

お酒は 神亀を。

前日 お亡くなりになった 神亀の専務さんを

偲んで…

 

f:id:masamin0104:20170514190104j:image 

 

それから 素敵なワインスタンドへ。

お話好きな 感じの良いマダムの切り盛りするお店。

 

普通、男女で来てたら もう少し 遠慮しそうなものなのに …ガンガン 話に 加わってきます…

まあ びっくり(笑)楽しかったけどね。

 

そして 特筆すべきは このナッツ割の金具!

f:id:masamin0104:20170514190118j:image

f:id:masamin0104:20170514190244j:image

マカダミアナッツを金具で 割ります。

 

左手…私の組んだお守りのブレスレット、ちゃんとしてくれる。嬉しいな。

どうか 大切な人をしっかり

護ってくれますように。

 

 

f:id:masamin0104:20170514190529j:image

 割るの上手な人が 割ると 綺麗に割れますね…

割ってもらって  いっぱい 食べました。

 

そして、今日 この金具、見つけて買ってしまった。これから毎日 リスみたいに ナッツ食べよう…

 

美味しいワインと 

美味しいナッツを愉しんだ 素敵な時間でした。

感謝♡

 

途中 私のクライアントさんからラインが入り

川越駅の喫茶店で 待ってるとのこと。

 

実は 数時間前に 彼女と会って セッションしていたのですが 貸してあげた 羽織りものを 彼女が そのまま 持って帰ってしまったのです。

それを 返しに来てくれました。

 

私は そのクライアントさんと

彼を ちらっとでも

何故か 会わせたくて…

 

会話がなくても 挨拶だけでもいい!

と  思い…

彼を強引に カフェに 引っ張り込み

クライアントさんに 紹介したのです。

 

ほんの1〜2分の 挨拶だけの 時間でしたけど それでも 気が済んで ほっとしました。

 

それが 何故かわからない。

でも そのうち 答えが出るのでしょう…

 

大切なのはそういった ひらめきを

無視しないことなんです。

 

 

 

 

その後は 彼と別れ

クライアントさんの大きなベンツで 新宿まで 送ってもらいました。

 

 

 f:id:masamin0104:20170514193132j:image

 

f:id:masamin0104:20170514193316j:image

 

そして 今日は 良いお天気。

 

代々木のレンタルスペースにて お昼から 呼吸のセミナーでした。一部、二部とも 満席で 深い呼吸の指導と誘導瞑想をさせてもらいました。

 

みなさん 思い思いの場所に陣取り 私のカウントに合わせて  深い呼吸をくりかえします。どんどん 自分の中に 潜っていく 感じ。終わる頃には とても スッキリされてました。

 

 

 

 

参加者のお1人に とても親しい 某雑誌のライターさんがいました。私のセミナーの常連さんです。

 

その彼女に 川越にいた事、

鰻が 美味しかった事を伝えました。

 

すると

 

「川越なら 小川菊に いかなきゃ!

あそこで よく神亀の方達と 打ち合わせしたわ〜♡」と 言うのです。

 

まさに その店に行っていた私は もう可笑しくて 可笑しくて  食事の写真を彼女に見せたんです…「ほら!みてみて!」って。

 

彼女は 突然 涙ぐんで「ここ、二階よね、…ここの席で 少し前に  亡くなった専務と よく鰻を食べたの」と 教えてくれました…

 

小川菊のご主人は 神亀さんとも とても親しいそうです。

 

えええ!です。

 

「私達、神亀のお酒も 2種類 飲んだんですよ」

と、伝えると

「専務の代わりに そこに 行ってくれたんだね…」と また ハラハラ涙。

 

私たちには そのつもりは 無かったけれど 

その亡くなった方の話や  そのライターさんの話は 食事の最中 ずっとしていました。

 

なんだか 不思議だなあ…

でも そんな事もあるのですよね。

 

だって 以前、串駒でそのライターさんと 飲んだ時も 彼を呼ぼうと 思っていたし

彼との間には  元々 シンクロが多いのです。

 

いつか そのライターさんと 彼を

会わせなくては…なんて思います。

そして その時が くれば それは 叶うはず。

 

 

2人とも 私の大好きな人です。

私が琵琶湖に越してから その2人のお仕事にも色々と 変化がありました。

 

そんな ご縁が 繋がるのが

今は とても嬉しいです。

 

 

 

 

 帰りの新幹線の中でこれを書いています。

もう直ぐ名古屋です。

 

車中でも ラインで 奈良セミナーや 次の大阪セミナーの打ち合わせの日程のやり取りしています。

 

お仕事あるのが とても嬉しい、有難いです。

 

こうして 運ばれていけばいい…

なるように なるのだ.と思います。

 

見えない未来を 今、案じても仕方ない。

とにかく 目の前に起こる事を

目一杯 楽しんでいこう。

 

そして

できる事は  楽しみながら

惜しみなく やろうと思っています。